RSS
Admin
Archives

マインズ通信

プロフィール

マインズ代表

Author:マインズ代表
星野重治[Hoshino Shigeharu]
□株式会社ベストコーチ教育代表取締役
□NPOゆめネット理事
□NPO学習塾全国連合協議会東日本常任理事
□同協議会事業局長
□日本古文書学会会員
□上智大学史学会会員
□総合学習塾マインズ講師歴27年
□元上智大学文学部史学科非常勤講師

最新記事リスト
月別アーカイブ
ブログ更新カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
マインズのゆかいな仲間たち
マインズ物語訪問者数
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
mains_hoshinoをフォローお願いします
2018.06
08
Category : 未分類
埼玉東部進学フェアが無事終了し、ほっと一息
と同時に、世間は梅雨に突入し、
このジメジメ感が体力の回復を妨げてくれている今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

もっと早くご報告すべきではございましたが、
進学フェア翌日から、恩人の業務「求職者支援訓練」が始まり、
そのお手伝いが10:00~15:30、当然16:00~22:00はマインズと、
「授業しかできない」日々を過ごしておりました…
当然事務的なお仕事は22:00以降になるわけでして…
1週間でギブな状態になっているのですが、
こんな生活がとりあえず11月末までは続くので、効率よくお仕事をしていかねば

しかし もうすぐ期末 

やらぬなら 泣くまで指導 ホシノデス


さて、埼玉東部進学フェアのご報告。

6月2日(土) 入場者数 2,048名 + 不登校相談27件

6月3日(日) 入場者数 3,008名 + 不登校相談27件


ご来場くださいましたたくさんの受験生および保護者の皆様、
ブースにて熱心にご説明くださいました公立・私立の先生方、
2日間本当にありがとうございましたm(_ _)m
さすがに日曜日は何度も入場制限をかけてしまいましたが、
大きな事件もなく、無事に会を終えることができましたのも、
皆様のご理解とご協力あってのことでございます。心より御礼申し上げます。

ちなみに、今年の埼玉東部進学フェアのおしゃれスポットはここでした
ブース

センスって大事ですよね
2018.06
02
Category : 未分類
年に1度の埼玉東部進学フェア…
年を重ねるごとに、終わった後の疲労感がハンパなく、
明日もあるのに、初日終了にして「抜け殻」状態になっている今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

細心の注意をしたにもかかわらず、今年も荷物トラブルに見舞われ、
ある参加校の先生に多大なご迷惑をかけてしまいました
この場をお借りしまして、心よりお詫び申し上げます。
こういうイベントですから失敗はつきものなのでしょうが、
「皆様に気持ちよく仕事をしていただきたい」と、私なりに準備はしているので、
やはりショックです。とともに、明日&来年以降はミスのない進学フェアに!
と気持ちを引き締めている星野オジ様でございますm(_ _)m

さて、ここで問題。

Q) 下の写真の人物はだれでしょう?
フェア①
応募者の中から抽選で、明日の埼玉東部進学フェアに無料でご招待します!
[ヒント] ま○りん
[応募方法] 明日の埼玉東部進学フェアで受付にいる星野オジ様に向かっていきなり叫ぶ。
答えが間違っていてもなんと無料っ!!!
間違いを恐れずに、どしどしご応募ください。たくさんの挑戦、お待ちしております。

本日の来場者数2,048名。不登校相談件数27件。

明日も、皆さんの志望校選びの第一歩をしっかり見届けたいと思っておりますm(_ _)m

2018.05
22
Category : 未分類
塾講師による不祥事、突然の休校など、
大きな話題の陰に隠れて、
民間教育機関の信頼を失墜させるような事件が多発している今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

講師の学力レベルの低下が叫ばれて久しいのですが、
そんなことは一切関係なく、言い訳にもなりません…
「先生」と呼ばれることで気持ちが大きくなり、
大切な子どもたちを預かっているのだという自覚がなくなってしまっている人は、
この業界から即刻立ち去るべきだと存じます。

さて、5月20日(日)、アットビジネスセンター東京駅にて、
塾全協東日本ブロック主催の「中高入試情報交換会」が挙行されました。
イベント奉行である星野オジ様は、相も変わらず準備に追われ、
会の最中も必死に流れを考えながら司会を務めさせていただきました

『塾ジャーナル』に記事が掲載されますが、
おそらく、皆様の目には触れないかと思いますので、簡単にご報告しておきます

[祝辞①] 森貞孝様(全国学習塾協同組合理事長)
[講演①] 岩佐桂一様(岩佐教育研究所所長) 「埼玉県高校入試総括と展望」
[講演②] 五十嵐裕明様(進学研究会) 「千葉県高校入試総括と展望」
[講演③] 穴澤嘉彦様(創育・新教育研究協会) 「東京都高校入試総括と展望」
[報告①] 猪狩誠市様=西武学園文理中学・高等学校校長
[報告②] 宮崎康様=和洋国府台女子中学・高等学校校長
[報告③] 増田泰雄様=下北沢成徳高等学校広報部長
[報告④] 中野敏之様=中央学院高等学校教頭
[報告⑤] 渡邉健様=東京家政大学附属女子中学・高等学校教頭
[報告⑥] 江藤健様=中村中学・高等学校入試対策部長
[報告⑦] 井上正信様=麗澤中学・高等学校教頭
[報告⑧] 岡田孝子様=武蔵野大学附属千代田高等学院教頭
[報告⑨] 松宮博様=共栄学園中学・高等学校教頭
[祝辞②] 坂田義勝様=埼玉県私塾協同組合理事長
[祝辞③] 谷村志厚様=全日本私塾教育ネットワーク会長

講演はともかく、他の先生方には、会の状況を見ながら、突然指名いたしますので、
皆様「えっ?私?」みたいな顔を必ずされます
申し訳ないとは思いながらも、
職場環境や地位が変わった先生にはぜひ話を聞いてみたい! という、
個人的な興味がそこに大きく働いておりますので…

東京家政の渡邉先生のお話が終わった時点で、そっと耳打ち。
「先生、本田先生をみんなに紹介してください
本田先生とは、言わずと知れた元マインズ八潮校室長の通称まこりん。
ある時、思い立って高校生徒募集の世界へ
マインズから京華学園➡日体大桜華➡東京家政大へ。
ここが終の棲家となるのでしょうか? 彼から目が離せません。
大勢の前で話をするのが苦手なまこりん。
だから、ちょっと意地悪をして、その苦手意識を克服するチャンスを提供いたしました

彼がマインズにいた頃は、よくぶつかり合っていたので、
職員から「本田と星野は仲が悪い」とささやかれていたようです。
これについては、明確に否定いたします。お互い大人ですから…
私は彼の「マインズ愛」を認めていましたし、リスペクトもしておりましたから
まこりんの気持ちを確かめたことはありませんが…

身を置く世界が違いますが、応援してるんです。
どんどん偉くなってほしい。
そしていつの日か、この星野オジ様を部下に迎え入れてくださいませ
もちろん遠い将来の話(笑) だって私立高校はそう簡単につぶれませんからね。

今はまだ、マインズやゆめネットでやりたいことがたくさんありますので<(_ _)>
2018.04
28
Category : 未分類
元マインズのH田先生がK華→N体O華→T京K政大とめでたく3校目に赴任したことを知り、
片や星野オジ様は、星野オジ様となって10年目の春を迎え、
生徒時代から考えると、高1・高2のバリボーしかしていなかった2年間を除けば、
マインズ歴34年目となり、「転石苔むさず」という言葉はどちらに微笑むか?
などと他愛もないことを考えている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

人生の70%以上がマインズ(松原学院時代含む)…
途中、大学のティーチング・アシスタントや非常勤講師をしながらの時期もありましたが、
日本でトップレベルの「世間知らず」かもしれないと、ふと思ったりもします
一方で、この半生、保育園児・幼稚園児・小学生・中学生・大学生・社会人・主婦・高齢者と、
これほどの幅広い世代、さまざまな人々に「先生」として触れ合えた人間も珍種であろうと存じます。
「指導年齢幅選手権」なんてものがあれば、もしかしたら優勝できるかもしれません

ここがまあ 終の棲家か? 塾オタク これ、辞世の句ということでお願いしますm(__)m

さて、マインズは4月29日(日)~5月6日(日)まで休校となります。

連休の長いトンネルを抜けると、負け組になった…
頭の中が白くなった…

なんてことにならぬよう、しっかり自宅学習お願いしますね

【お知らせ】
 ■05月07日(月) 漢字検定・英語検定の申し込みを終了します。
 ■05月20日(日) 中高入試情報交換会を開催します。
             学校関係者・塾関係者・教材業者の皆様、ぜひおいでください。
             詳細はNPO塾全協のホームページに掲載してございます。
 ■05月28日(月) 北辰テストの申し込みを終了します。
 ■06月02日(土) 埼玉東部進学フェア開催(2日間)
             受験生・保護者の皆様、ぜひおいでください。
             詳細はNPOゆめネットのホームページに掲載してございます。
 
では、良き連休を!
5月1日&2日、学校はありますが、マインズはお休みですからね。
間違えて来ちゃうと大変だよ!
間違えて来ちゃった子を迎え入れるために、星野オジ様が待ってるから…
「せっかく来たから勉強してこーぜ」なんて言われて、逃げ出せなくなるよ

2018.04
11
Category : 未分類
「民間教育推進のための自民党国会議員連盟設立総会」なるものに訳あって参加し、
議員会館の快適さに閉口するとともに、
自分には生涯縁のない世界だと実感した今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

新年度が始まり、新しい出会いが続く中、お陰様で慌ただしく過ごしております

議員連盟は下村博文議員を会長に、高市早苗議員や中山泰秀議員など錚々たるメンバーに加え、
文部科学省・厚生労働省・経済産業省のお役人様が参加されていました。
「民間教育」の中心は学習塾ということになるのでしょうが、
下村さんもかつて私が現在常任理事を務める学習塾全国連合協議会のメンバーでもありましたし、
少子化で新陳代謝を繰り返しながら規模の縮小を余儀なくされている学習塾業界に
希望の光をもたらす、そんな思いがおありなのかもしれません。
AIが子どもたちの将来にもたらす影響は絶大ですから、
たくましく生きていく力を身につけさせるためにも、教育の再構築は必要不可欠だと存じます
政治家や役人の口から「教育に公も民もない」という力強いお言葉を聞くことができましたが、
時代の変化を敏感に感じ取りながら、私たちも自己研鑽し、変わっていかねばならないのでしょう。

ただ…
配布された資料を一瞥しますと…

①公教育とフリースクールとの連携
②学童保育における民間教育の活用事例=そろばん、ロボット、英会話、公文など
③小学校の英語教育における外部人材(民間教育出身)の活用計画
④学習塾サービス向上に向けたIT導入補助金の設置
⑤貧困世帯への学習機会提供(放課後スクール)と民間教育の提携
⑥学習障害児童への学習支援

だいたいこんな感じなのですが、「へえ」と思われますか、それとも「ふ~ん」ですか?
それぞれ感じ方があるでしょうから、そこはよいのですが、
これって、要は…
「学習塾なんてどうせなくなるんだから、他のことやれば?」
「そうそう、あんたたち暇になるんだから、公教育の手伝いでもしてさ
相変わらず言葉は汚いのですが、こう言われているようにも聞こえるのですよね…
しかも、参入に関する公募など、得するのは資金力のある大手だけでしょうから
いずれにしても、時代の波にどう対処していくのか、
学習塾は自らの方向性をしっかり模索していかねばなりません。

ここで、星野オジ様からご報告&ご提案。
このような会合に参加した身として、上記に関するマインズの取り組みをご紹介いたします。

■マインズでは、ゆめネットの事業の一環として「無料塾」を設置しています。
  「経済的に学習塾に通えない」という子も、積極的にサポートしますのでご相談ください。
■マインズでは、小学生の講座として、読み書き、そろばん、パズル、ロボット、英会話もやっています。
 「学童保育的な」サービスであるマインズくらぶも設置しております。
  もし、学童保育事業者様の中で、マインズの講座を利用したいという方がいらっしゃいましらご相談に応じますm(_ _)m
■マインズでは、ゆめネットの事業の一環として「青葉学園」を設置しています。
 「不登校」でお悩みの方、星野オジ様=教育心理カウンセラー&不登校心理相談士ですので、
  いつでもご相談にいらしてください。
■マインズでは、学習障害をもつお子様のために何か貢献できないか模索しております。
  当該業界はご存知のとおり、続々と新規参入があったおかげで、
  至る所に事業所を見かけるようになりましたが、一方でさまざまな問題も発生し、参入の壁も高くなりました。
  今さら、私のほうで保育士や臨床心理士を確保して云々とまではできないと存じますので、
  もし既存の業者様の中で、「現物件賃料高いんだよな」「もう少し駅チカがいいし
 「ビルの中だと子どもが落ち着かないんだよね」などなど、お悩みの方がいらっしゃいましたら、
  やはりご相談ください。マインズ本部(越谷校)であれば、お手伝いも可能かと存じます。
■また、上記とは関係ございませんが、マインズでは、高齢者と子どもたちをつなぐことにも関心がございます。
  マインズで、習字教室など自分の特技を生かして「○○教室」を開催してみたいという方がいらっしゃいましたら、
  ご相談にいらしてください。

ちょっと長くなりすぎました 今日はこの辺でm(_ _)m
自分で言うのもアレですが、マインズは変なところだと思います
でも、私もシマネ屋もつう爺も、「子どもたちのために」という思いはどの塾にも負けません
というつもりで、毎日子どもたちと接しております