RSS
Admin
Archives

マインズ通信

プロフィール

マインズ代表

Author:マインズ代表
星野重治[Hoshino Shigeharu]
□株式会社ベストコーチ教育代表取締役
□NPOゆめネット理事
□NPO学習塾全国連合協議会東日本常任理事
□同協議会事業局長
□日本古文書学会会員
□上智大学史学会会員
□総合学習塾マインズ講師歴27年
□元上智大学文学部史学科非常勤講師

最新記事リスト
月別アーカイブ
ブログ更新カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
マインズのゆかいな仲間たち
マインズ物語訪問者数
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
mains_hoshinoをフォローお願いします
2017.07
13
Category : 未分類
「工事のため23時~5時までの間水道を使用しないでください」という仕打ちは、
塾人にとって、「帰宅しても風呂入るな!」「帰宅してもトイレ使うな!」ということであり、
汗だくで仕事した後に帰ってそのまま寝ろということなわけで
「暑い夏にそりゃないだろ」とひとりプンプンしている今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

期末テストの結果が続々と出ておりまして、今のところなかなかの感触です
まあ、今回は試験前にいつも以上の賑わいを見せていましたから、
子どもたちの努力が少しでも報われて、ほっと胸をなでおろしております

さて、早くも1学期が終わろうとしております
となれば、どこの学習塾も夏祭り いや夏期講習です。
マインズ生の皆さんは、履修確認票の提出を忘れずにお願いしますね
そして、夏期講習初日には通知票も忘れずに

まだマインズの世界を体験したことのない皆様は、この夏いかがですか?
若干1名、口うるさいコワ面のオジ様がうろちょろしていますが、
「授業は集中!休み時間は楽しく!」というルールさえ守れれば、
なかなか快適な学習空間ですよ

あ、でも、これだけはご了承ください。
ここは「オレについてこい」的な独善的な先生が主役の塾ではありません。
主役はあくまでも子どもたちです
ここは聞いていない生徒がいても一方的に授業が展開される塾でもありません。
”全員参加”が基本の指導スタイルです
ここは一から十まで手取り足取り教える塾でもありません。
だって”考え”ないと、学力なんてつきませんからね

やっぱコスパ

追伸
マインズは服装も自由ですが、”お盆だけ”という特殊なファッションはご遠慮いただいております。


2017.07
07
Category : 未分類
「学習塾講師のブラックな実態」なる記事を読み、
「子供や親とのジェネレーションギャップが原因で51歳で雇い止め」とあるのを見れば、
星野オジ様の塾講師人生も残り数年じゃん
心に暗雲たちこめる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

以前にも申し上げましたが、塾は星の数ほどあるわけで、
大学病院・総合病院のような大手学習塾もあれば、
クリニックのような中小地元塾もあり、町医者のような個人塾もある…
「授業料高いくせに低賃金」とか「生徒募集は講師の仕事?」とか、
「実際の勤務時間で時給換算すると500円」なんて、
そういった不満をもつ方というのは、きっと大手の現場スタッフなのでしょうね

マインズもかつては松原学院という地域の最大手学習塾でしたが、
現在は星野オジ様率いる小さな地元塾
規模は小さいけれど、夢と情熱は大きい職人の集団です
職人というのはほかでもありません。
集団授業から個別指導へという潮流の中で、
かつてたくさんいた特定科目専門講師の時代は終わり、
(と言っても、高校生指導においてはまだまだ専門家は必要です)
全科目を子どもたちにわかりやすく教える人材が必要とされています。
で、先日も申し上げたように、「教える」だけでなく「育む」ことも重要
星野オジ様のゆかいな仲間たちは、そういう私の期待に応えてくれる自慢の集団なのですよ
彼らがいなかったら、とっくに逃避行してますから

誤解を恐れずに言えば…
少子化で減り続ける子どもたちを社会全体でひとりひとり大切に育てていかねばなりません。
「教える」だけでいいと思ってる人は塾講師やっちゃダメですよ
さらに誤解を恐れずに言えば…
生徒募集も、受験に関する情報収集も、授業の準備も、校舎の環境整備も、
そこに通う子どもたちが”幸せ”になるためには必要不可欠なお仕事です
まあ、一部それを「サービス残業当然」と考えるブラックなところがあるのも事実ですが、
「子どもたちのために」という思いのみで、日夜お仕事されている根っからの”塾人”が
私の周りにたくさんいることも事実です

そんな人たちと交流できている自分の境遇に乾杯


2017.06
28
Category : 未分類
子ども(娘)と二人っきりになった時に、
日頃の疲れを癒そうと「将来パパと結婚しようか?」と聞いてみたところ、
「え?パパはママとけっこんしてるしみゆちゃんはしないよ
と、非現実を求めたはずが現実を突きつけられるというせつなさを味わった今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

期末テストが目前に迫り、日々子どもたちの熱気で熱中症になりそうです
感心するくらい真剣に取り組んでいますから、
全員成績上がるといいなと願うばかりですが、現実はなかなか…
でも、この過程を大切にしてほしいと思います

今日はお知らせを。
7月に入りましたら、以下のご案内をお配りいたします。
①夏期講習のご案内
  日程と引落費用を明記しておきますので、ご確認よろしくお願い申し上げます。
②個人面談(保護者)のご案内
  1学期の総括および受験の方向性についてお話しできればと存じます。
  3校舎の保護者様と面談して参りますので、夏休みいっぱい期間をとろうと思います。
③児童くらぶ(そろばん教室)開講のご案内
  マインズの越谷校と松原校で、2学期からそろばん教室を開講します。
  未就学児・小学生対象ですので、ご興味のある方は、星野までご連絡ください。

あ、でも、ご安心ください。
そろばん教室と言っても、そろばんをさわったこともない星野オジさまがハッタリで
指導するわけではなく、ちゃんとした講師にお願いしていますから
しかも、児童くらぶは神奈川を中心に2,000人規模の受講者がいる教室です。
ひょんなことから知り合いになり、埼玉で始めるきっかけを与えてくださいました。
そろばん教室開講は長年の夢でしたので、ホント、いろいろな出会いに感謝ですm(_ _)m

マインズの挑戦は続きます
子どもたちのためになることなら何でもやりたい
ちょっと鼻息が荒いかもしれませんが

学習塾に通信制高校サポート校、フリースクール、無料塾、そして、そろばん教室。
だんだん形ができてきたかな…
習字教室もいいな… 発達障害で悩むご家庭にも手をさしのべられたらな…
まだまだ旅の始まりですが、多くの子どもたちを幸せにできる教育機関をめざして…

2017.06
17
Category : 未分類
皆様のご要望を聞きながら、土曜日の授業設定をした結果、
12:00から夜まで「入れ替わり立ち替わり」状態となり、
土曜日は星野オジ様に休み時間がないという今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

期末テストが近くなって通塾率が急激にし、
熱気ムンムンの日々が続いております。
よく「友達と勉強してるから集中していないのではないか?」とご心配の声を頂戴しますが、

そこは声をにして否定したいと存じます
マインズっ子たちは、しっかり集中して学習に取り組んでいます
もしアレでしたら、ご一緒にいかがですか?
まあ、子どもたちは必要以上にギクシャクするとは思いますが
(星野オジ様も、普段とはまったく違う”仏”のような顔になると思われます)

さて、最近は、通勤途中にさまざまな”塾”を見かけるようになりました。
振り向けば”塾”がいる
そんな塾の外向け掲示などを見ると…
「○○で学力向上!」「定期テスト対策充実!」「内申徹底指導!」「自習室完備!」
「公立合格率○%!」「ひとりひとりに合った…」「体験無料!」
という「そんなの塾なんだから当たり前じゃんというものから、
「講習1期分無料」「○月無料!」「早割!早得!」
という「今ならお得」感丸出しの「どうせ後でいろいろ…というものまで、
こちらもさまざまな言葉を目にするようになりました

仕事柄、いろいろな塾の先生方ともお会いしますが、
何というのでしょう、ちょっと他人事みたいな言い方をしますね、
自分の子どもを通わせたくなるような”元気な塾”は皆、そういったアピールはしていないというか
言葉を選ばなくてはいけませんが… ウチがそうだと言うつもりでもありませんが…
信念を持って”塾”をやってる方は、そこにエネルギーを使っていない気がするんですよね
まあ、わかりますよ。だって、少子化進行中なのに塾は増えてるんですから。

とある人物のお言葉をお借りしますが…

教えることは誰にでもできる。
しかし、塾は”教育”の場なのだから、”教”えるだけではなく、”育”まなければならない。
それができている塾があまりにも少ないのではないか。

心に響きました 肝に銘じました
一方で、その”教”えることすら?がつく塾講師が増殖していることに、
不安を感じる昨今でもあるのですが…

ダメですよ、生徒が聞いてない授業は。
ダメですよ、机の下で生徒がスマホいじってるのを見抜けない先生は。
ダメですよ、一から十まですべて教えてしまう個別指導は。

せっかく塾やってるなら、子どもたちを育みたいものですね。


2017.06
08
Category : 未分類
埼玉高速鉄道の2本に1本が鳩ヶ谷行きってやめてくれよ
もうちょっと頑張れば浦和美園じゃん
と、独り言を言いながら寂しく西ヶ原駅のホームで電車を見送った今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

埼玉東部進学フェアも終わり、今度は保護者面談の準備をせねばと思いつつ、
何となく身体がついてこない日々… 
この道一筋(ではありませんが)27年。もう年ですね

一昨日は昌平中学・高等学校のお茶会に参加、
本日は武蔵野中学・高等学校の説明会に参加してきました
6月・7月は比較的時間に余裕があるので、説明会で情報収集シーズンです
ご存知のとおり、飛ぶ鳥を落とす勢いの昌平中学・高等学校。
毎年お茶会に参加させていただいておりますが、
そのたびに教員一覧に教え子のほりこぴが載っていることに安堵
もうずいぶん長い間、同校の日本史を担当し生徒たちを引っ張っているのですね
感心感心 

さて、武蔵野の帰り道、東川口から乗り込むと、
何やら女子大生らしき3名がキャッキャとなかなか大きな声で話していまして、
「ん?この声?どこかで?」と思いながら聞いていますと、
その声の主が、その会話のテンションのまま、

「あ!先生っ!」

というので、ちょっと恥ずかしいなと思いながらも、顔を上げると、ゆうなたん
お三方、そのテンションのまま、
「え?だれだれ?」「うちの塾の先輩!あ、じゃなくて先生!」「地元って感じぃ~」
これ、なかなか恥ずかしい… 
卒業生の皆さん、どこかで私を見かけても大声で「先生!」と呼ぶのだけはやめて…
できれば「星野オジ様!」くらいで…
雨も降っていなかったので、南越谷駅から越谷駅まで歩いていると、
またまた「先生っ!」と声をかけられ、顔を上げるとりさたん
最近りさたんとはなぜかよく会うのですが、今日はなんと、
「先生、7月から子どもお世話になりたいから6月中に塾に行きますね

教え子の子ども… 孫みたいなもんなんですかね
実はすでに何名かその「孫」のようなかわいい子どもたちを預かっているのですが、
もはや「星野オジ様」ではなく、「星野オジい様」と言わねばなりませんか…
いやいやまだまだ「知命」になってないし… 心だけは少年のように…
どうでもいいけど「不惑」ってホントですかね? 私、毎日迷っていますけどね

たしかなことは、人のつながりほど味なものはないということm(_ _)m