FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

マインズ通信

プロフィール

マインズ代表

Author:マインズ代表
星野重治[Hoshino Shigeharu]
□株式会社ベストコーチ教育代表取締役
□NPO法人ゆめネット理事長
□NPO法人学習塾全国連合協議会東日本常任理事
□NPO法人学習塾全国連合協議会東日本事業局長
□日本古文書学会会員
□上智大学史学会会員
□元上智大学文学部史学科非常勤講師
□教育心理カウンセラー1級・不登校心理相談士
□総合学習塾マインズ講師歴29年

最新記事リスト
月別アーカイブ
ブログ更新カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
マインズのゆかいな仲間たち
マインズ物語訪問者数
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
mains_hoshinoをフォローお願いします
2019.01
11
Category : 未分類
SUITSの小手様のみならず、街中に貼ってある議員のポスターを見ても、
「パパパパ」とはしゃいでいるというチビ男。
いつか生身の人間に向かって、指さしながら「パパパパ」と言う日も近く、
「パパって、どういうことよ?
「し、知らないよ
「こんなにハッキリ言ってんじゃない
「いや、だから知らないってば
と、まったく関係のないご夫婦の運命を変えてしまう可能性を否定できなくなった今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

平成最後の冬期講習を終え、3学期開講、新年度の準備と、
いろいろ慌ただしく過ごしておりますが、気づけばもう受験…
受験生のサポートは、シマネ屋はじめ愉快な仲間たちが熱心にやってくれているので、
安心して業務に取り組むことができておりますが、
言いたかぁありませんけれども、星霜を重ねて参りますと「徹夜して一気に片付ける」なんてことが
できなくなっておりまして…
0時になると、私の頭の中にいるエンジェル君が「よい子は寝る時間だよ」とささやき始めるので、
なかなか進まないんですよね…

さて、1月10日(木)、越谷市中央市民会館にて、第2回埼玉東部教材研究会を開催いたしました
育伸社えいすう総研エデュケーショナルネットワークSRJ学書学友社教育開発出版
好学出版水王舎スプリックスソフトバンクTriple Win日本教材出版Howcang(ハウキャン)
POPER名大SKY のご担当者様、ご出展ありがとうございましたm(_ _)m
実行委員長小島進学セミナー城先生、お疲れ様でした。
一緒に準備してくださった埼玉教育ネット野口先生、感謝申し上げます。
岡山ゼミナール岡山先生、大江個人指導塾林先生、躍進館山本先生、早春学院三角先生、
教学館木下先生、埜口義塾赤井先生、Be-1山崎先生、幸彩学習塾根岸先生、
サイエイDuo花咲校
荒井先生、河合先生・植木先生・大村先生を筆頭とするスクールIEの皆様、
ナカジュク小野田先生・岩瀬先生、松伏イングリッシュスクール野中先生、イデア学院清水先生・守屋先生、
トライプラス上原先生、文教ゼミナール高橋先生、スクールUP福島先生、そして、マインズのシマネ屋。
当会の趣旨をご理解くださり、ご賛同・ご参加くださいまして、まことにありがとうございます。

次年度の教材選定が大きなテーマではございますが、
何というのでしょう、こういう時代ですから、業者の皆様や塾どうしの情報交換の場として
機能していけばいいなぁという思いを強く持っております。「アカデミックな新年会」とでも申しましょうか
「昨年と同じ」というご意見もあったようですが、そうでしょうか?
各業者様には毎年必ず「今年はコレ!」という商品があるわけで、
営業にかける熱い思いも毎年変わらずお持ちなわけですから、じっくりと話を聞くべきだと思います。
「教材使ってやってんだ」とか「ウチはここって決めてるから」とか、上から目線の塾って時代錯誤も甚だしい…
今使っている教材よりも理想的なものがないか? 常に探し続ける事が私たちの使命なのではないでしょうか。

また、地元塾の有志がこうして顔を合わせているということも大切なような気がします。
私の場合は、越谷・草加が地元ということになるわけですが、
ここにこうして集まってくる「熱い塾」のネットワークが、地域教育の一助となるはずです。
情報交換&交流、かつてのようにいがみ合っていてもしかたありません。
地元に根差した塾の共同体のようなもので子どもたちを包むことができたら…

失礼かもしれませんが、あえて申し上げます。大手にはない良さがそこにあります。
職人のように頑固な方もいれば、情熱の塊のような暑苦しい人もいますけどね

追記
教材研究会終了後、展示品の集荷をお願いしていたため、15:00に解散してから3時間ほど、
1人でやることもなく過ごしておりました。
配送業者の方からは、「勝手に引き取りに来ますからいなくてもいいですよ」と言われていたのですが、
巨大なダンボールの中にいるPepper君が「帰りたいよ」と騒ぎ出したら大事になるので、
ウトウトしながらもずっとそばにいてやりました。
何もできない不毛な時間でしたが、初めて本物の「佐川女子」に会うこともできましたので、
愚痴は言わないでおこうと存じます。

2018.12
30
Category : 未分類
社会が不安定なときに「天平」とつけるなど、
元号には「こうなってほしい」という期待も込められていたことから、
であれば、新元号は「減税」がよいのではないかと密かに思う今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

減税元年。G元年。原巨人も大喜びですよ

さて、本日12月30日(金)でマインズの2018年日程も終了。
マインズは短い(3日間の)冬眠期間に入ります
授業という栄養を食べまくって、しっかり肥えた学力ですが、
この3日間で無駄に消費して、ガリガリの状態で新年に再会するなんてことがないよう、
冬眠中も少しは栄養補給(勉強)してくださいね。

2018年…
タッキーや豪腕アトムなど、ベテランメンバーの卒業、
シマネ屋や書道プリンス白川など、新メンバーの加入に湧いたマインズ48ですが、
2019年は大きなメンバー変更もなく、このまま突っ走る予定です

書き初め

こちらは、マインズ史上初の「書き初め講習」の様子
プリンス白川が熱い先生なので、自ずと子どもたちも真剣になっちゃうんですね。
プリンス白川の情熱も、子どもたちも、筆も大きくなって、
そのうち書道甲子園とかに出場しちゃうかもしれません

シマネ屋も毎晩遅くまで、越谷校の子どもたちのために授業の準備をしてくれています。
これ、あまり強調すると、星野オジ様がブラック塾長になっちゃうのでさらっと流しますが、
松原校の授業を終えて、越谷校に戻ると、シマネ屋が寒さに震えながら準備・予習しているので、
その日のできごとを情報交換してから帰宅するという、
星野オジ様にとっても貴重なサイクルとなっているわけでございます。

まもなく2019年…
地域の子どもたちのために何ができるか? をテーマに日々悪戦苦闘している星野オジ様ですが、
来年も新しいことに挑戦しようと、水面下で準備を進めております。
お陰様で小学生に向けたサービスは充実してきたので、
次なる課題は、幼児教育、中高生指導の充実、福祉サービス
どこまで実現できるかわかりません。これまでも「空振り」してきたことは多々ございますから
でも、歩みをとめたらそこでおしまい…
だって、時代がめまぐるしく変化していくのに、何も変わらない教育機関なんて意味がないでしょう?

昨日、ご近所で元気な学習塾「ナカジュク」にお邪魔してきました。
ウチの使用教材紹介と、ナカジュクの見学が目的です。
システムは違いますが、塾長や教室長の信念や教室づくりは非常に参考になります。

大手にはない安心感がそこにある。

そんなことをテーマに、地域の中小規模学習塾ネットワークみたいなものを
構築していけたらいいなという思いも強く持ちました。

旧年中は大変お世話になりました。
子どもたちに目標(ゆめ)と自立心(ちから)を与えていけるよう、
自分にできることを少しずつ実行してまいりたいと存じますので、
2019年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2018.12
20
Category : 未分類
2学期期末テストも終わり、いよいよ受験シーズン突入!
高校3年生の中には、進路決定のうれしい報告をしてくれる子も出始めた今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
毎日黙々と頑張ってきたMちゃん、進路であれこれ悩んできたAちゃん、
ホントにおめでとう 心からお祝い申し上げます<(_ _)>

さて、12月14日(金)、NPO法人学習塾全国連合協議会東日本ブロック主催の
教育情報展in松戸”が開催され、無事に終了いたしました。
千葉県東葛エリアの学習塾を対象とした入試情報セミナーと、
各社自慢の新年度教材展示会を抱き合わせた、毎年恒例のイベント
塾全協東日本ブロックの事業局長を押し付けられた(笑)星野オジ様、
進学研究会とのセミナー打ち合わせや出展企業の募集と事前の諸連絡、
当日の会場設営や後片付けなど、数か月間は忙しく過ごすことを余儀なくされるわけでございます

出展していただく以上、たくさんのお客様に来ていただくことが主催者の使命なのですが、
実はこれが一番難題で
業者さんにチラシを配布してもらったり、ホームページで告知したりするのですが…
毎年、思うように集客できず、せつない思いをしております
今年は千葉県の学習塾組合に加盟されている塾に直接お手紙を送付してみたのですが…
やはり満足できる結果ではありませんでした
まあ、私ひとりで準備しているので、そもそも限界があるのですけどね。

完全に愚痴ですが、上層部の皆様におかれましては、「お客さん来るといいね」「よろしくね
ではなく、ご自身の人脈を総動員して、このかわいそうな”主催者ひとり”に愛の手を差し伸べるくらい
してくれてもいいのではないでしょうか 
そんな私の状況を憐れんでいろいろお手伝いくださった千葉の星野オジ様、この場をお借りして御礼<(_ _)>

本題に…
当日は業者の皆様と立ち話しながら、以下のような私見を述べさせていただきました。
大手の寡占化や有名ブランドのフランチャイズ化がどんどん進行している状況下、
その大手学習塾ですら苦戦している昨今、中小学習塾はじわじわと淘汰されています。
教材展示会って、そもそもが中小の学習塾に向けて開催されてきたと認識していますが、
とある団体の教材展示会など、100万近い赤字だそうです
たくさんのお客様が来るわけでもない。
情報化社会で、展示会なんか行かなくてもネット見ればわかるしみたいな若手塾人も多いでしょう。
お誘いした立場で申し上げるべき言葉ではありませんが、やる意味あるのでしょうかね


その愚痴に対して、C社のK氏はこう諭してくださいました。
教材展示会は塾と教材企業のお祭りみたいなものだから、そりゃ人が多いに越したことはないけどね、
でも、これくらい来てくれれば、こっちはある程度満足してますよ
今日来たお客さんの塾に個別に訪問すること考えたら大変でしょ
それに、こうして顔見知りの先生たちとも情報交換できるわけだから

ありがたいお言葉です。一緒にいたS社のO氏は、
「そんなこと言って甘やかしちゃダメ星野さん、集客努力しなくなっちゃうから」と。
こんな言葉も心にしみます。
塾がダメになれば、教材企業もダメになる。一蓮托生みたいなところがありますから、皆仲間なんですよね。

で、”ネット見れば…”派に一言。
塾って、ただでさえ閉鎖的な職場ですよね。よく言えば一匹狼の集まり、悪く言えば世間知らず集団。
”人”との”つながり”を基本とする職業で、交流を拒絶するような考え方はちょっと…
外の空気を吸うことって、むしろ大切なのではないでしょうか? 偉そうなこと言って恐縮ですが<(_ _)>

私は、叱咤激励されたり、アホな談笑したりしながら、
この厳しい時代を生きていく元気&勇気をいただくことができております。
教材の流行りにも敏感になり、次年度の塾運営の参考にもさせていただいております。
次年度に限らず、塾の将来像を描くきっかけにもなっているといいますか…

あっ、これはあくまでも個人の感想です。

2018.12
11
Category : 未分類
ここのところ天気予報で、よく「防寒対策」という言葉を耳にしますが、
この言葉を聞くたびに、どうも違和感を禁じ得ない今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

そもそも「○○対策」って、○○に対処するための措置ですよね…
天気モノで言えば「熱中症対策」はすんなり入ってくるのですが、
「防寒」に「対策」立ててどうすんの? って思ってしまいます。
マフラーを冷凍庫に入れておくとか?
ヒートテックを切り刻んで隙間だらけにしておくとか?
寒さ対策」でよいのではないでしょうか…

防犯対策」も然り。
「防犯」に「対策」を練るのは泥棒のほうでしょうよ

そうだ! 「暴漢対策」ならいいですね

さて、「期末テスト対策」も終わり、いよいよ「受験対策」!
そんな矢先、中3のMちゃんからお電話。
「先生、今日休んでもいいですか?」
「なんで?」「えっと~…」(ん?今日誕生日か!)
「Happy birthday! ディナー楽しんでおいで
「うん

いいですね 家族でバースデーパーティー
いやいや、星野オジ様のお家でも、子どもたちのお誕生会はしますけどね
先日、私も誕生日を迎えたのですが、真っ先にお祝いのお言葉をくださったのは、
会ったこともお話したこともない、フェイスブック上の「お友達」(どこかの塾屋さん)
その後、こんなにもオジ様から人気があるのかと思うくらい、多くの「お友達」から祝福のお言葉…

肝心の家族といえば…

数日後… 朝食を食べながら…

「あれ?みゆちゃん、いつの間にか、パパ誕生日過ぎちゃってるよ
「ああ、ホントだぁ パパ、おめでと

いやいや、あんまりうれしくないから

ま、言ってもらえるうちが花ですかね
そのうち、私のことなど興味の対象外になるでしょうし

傍観対策 しっかりしないといけませんね…

 
2018.12
03
Category : 未分類
越谷市内でも元気に頑張っていらっしゃるナカジュク。
塾長の仲野先生が福祉村で生徒たちと鬼ごっこをしているお姿を拝見してからというもの、
ずっと気になって仕方がない存在でありました。
昨日、念願かなって、塾団体合同忘年会でじっくりお話する機会をいただき、
塾名の由来が先生ではなく、板橋の地名であることを知って驚いた今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

昔、自宅を購入しようと、候補地の1つであった吉川きよみ野を散策し、
「この辺に塾作ったら、きっとたくさんの人に喜んでもらえるだろうな」と、
何となくテナント探しも並行していたところ、「ナカジュク開校」のニュースが飛び込んできて、
吉川美南の大商業施設内にそろばん教室を開校してほしいとの依頼を受け、
現地調査をしながら(結局お断りしましたが)、「ここもこれから発展する地域かな
なんて思っていたら、いつの間にかナカジュクができている
昨日のお話で知ったのですが、
仲野先生のところは、きよみ野でサポート校とフリースクールもやっていらっしゃるとか。
塾も1:4の個別指導が主流だそうで。
星野オジ様が追いかけている形に非常に似ているのです
もちろんナカジュクのほうが規模も大きいですし、仲野先生のほうが100歩くらい先を歩かれていますが
「ナカジュクの専任講師で、見覚えのある方がいるんですよね…」
「ああ、それ、オレの親戚なんだけどね、中3の時、なぜかマインズ越谷校に通ったんだよね
「それでか
というわけで、実行委員だから何となく(いや強制的に)参加していた合同忘年会も、
今年は私にとっては非常に有意義な会となったのであります。
仲野先生、ありがとうございました。今後ともお付き合いよろしくお願い申し上げます。
先生と松沢幼稚園の関係も、非常に興味深くお聞きいたしましたm(_ _)m

さて…
ここにお書きしてよい内容なのか迷いましたが…
ここで書いてもご迷惑をおかけするほど影響は出ないだろうと言い訳を考えつつ…

先週、私の尊敬する業界人のお一人であります小泉専務(声の教育社)が亡くなられたそうです。
私が塾全協に入る前、毎年年末に開催されていた「JUKU21世紀の会」にて、
マインズ仙人の浅間から「盟友」と紹介され、以後、さまざまな業界イベントでご挨拶させていただきました。
ゆめネットの埼玉東部進学フェアにも毎年顔を出してくださり、いつも激励のお言葉を頂戴しておりました。
塾全協の情報交換会でも、毎回のように懇親会で乾杯のご挨拶。
というのも、私が毎回ご指名していたからなのですが…
嫌がらずに… 笑顔で「また?」 「もうそろそろ引退するから」が口癖で…
過去問の売れ行きから見える情勢、専務の情報網から仕入れたホットな話題など、
参加者にとっては貴重な財産となりました。間違いなくこの業界を創り支えてきた功労者の1人だと存じます。

塾業界の流れも絶えずして、しかももとの水にあらず…
時代の移り変わりを感じずにはいられませんが、
彼らが築き上げてきた慣習や人脈は、決して軽視されるべきものではありません。
塾団体の多さには辟易としますけれど、そのネットワークが構築されてきていることの意義は大きい。
大手の寡占化、フランチャイズブランドの流行、個人プレー学習塾の跋扈… ザ・教育ビジネス
「子どもたちのため」を真剣に考えれば、地元密着の中小教育機関はいい形で協力し合うべきです。

いつも貴方様はそこにいらっしゃいました。
私には貴方様ほどの力も人脈もございませんが、
貴方様と関わることができた1人として、自分にできることを全うしてまいります。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。