RSS
Admin
Archives

マインズ通信

プロフィール

マインズ代表

Author:マインズ代表
星野重治[Hoshino Shigeharu]
□株式会社ベストコーチ教育代表取締役
□NPOゆめネット理事
□NPO学習塾全国連合協議会東日本常任理事
□同協議会事業局長
□日本古文書学会会員
□上智大学史学会会員
□総合学習塾マインズ講師歴27年
□元上智大学文学部史学科非常勤講師

最新記事リスト
月別アーカイブ
ブログ更新カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
マインズのゆかいな仲間たち
マインズ物語訪問者数
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
mains_hoshinoをフォローお願いします
2011.11
29
Category : 未分類
「先生、フーヤンって書いちゃった

はい、何のことかわかりません
聞けば、社会のテスト問題で先日日本を訪問された国王夫妻の国を聞かれた模様…

本日その問題を拝見いたしました。

具体的に書くと、どこの中学校の何年生の問題かバレてしまいますので、
オブラートに包みながら

作問者様

拝啓 向寒の折、貴方様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申しあげます。
貴方様の力作、拝見いたしました。誠に「力作」と言うにふさわしい試験でございますね。
脱帽脱帽。
しかしね、貴方様は子どもたちにいったい何を望んでいらっしゃるのでしょうか?
私には、不必要な問題が多いような気がしてならない。
もし全国の入試問題をしっかり研究しているのならば、これはないでしょう…
まあ、ゆとり教育下の教科書では、地理の作問が難儀なのはわかります。
が、そもそも、これ貴方様は授業ですべて教えられたのでしょうか?
来年度教科書が改訂されるとは言え、
文部科学省がまたまた多くの知識を子どもたちに要求するようになるとは言え、
今の子どもたちはゆとり教育の申し子みたいなものでしょう?
この問題は自己満足に過ぎないような気がしてならないのです…
最後に。
試験というのは生徒の学力を知るための客観的問題により構成されるものでしょう?
時事問題を取り上げた貴方様の問題に、
「あきれ果てる事件」と評しながら会社名を問う問題がありましたが、
これではその会社が悪いという印象を子どもたちに与えてしまいませんか?
会社に罪はないでしょう?
貴方様の生徒の中に、もしその関係者がいたらどうするおつもりでしょうか?

学問は世のため人のためでなければならない。
とある偉人のお言葉です。
子どもたちのためになるような試験問題を作ってくださいますよう、
衷心よりお願い申し上げますm(_ _)m
                                                   敬具

追伸
そうは言っても、フーヤンは貴方様の責任ではございませぬね。