FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

マインズ通信

プロフィール

マインズ代表

Author:マインズ代表
星野重治[Hoshino Shigeharu]
□株式会社ベストコーチ教育代表取締役
□NPO法人ゆめネット理事長
□NPO法人学習塾全国連合協議会東日本常任理事
□NPO法人学習塾全国連合協議会東日本事業局長
□日本古文書学会会員
□上智大学史学会会員
□元上智大学文学部史学科非常勤講師
□教育心理カウンセラー1級・不登校心理相談士
□総合学習塾マインズ講師歴29年

最新記事リスト
月別アーカイブ
ブログ更新カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
マインズのゆかいな仲間たち
マインズ物語訪問者数
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
mains_hoshinoをフォローお願いします
2019.03
11
Category : 未分類
”王子様”という名を改名した方のニュースが飛び込んできました。
私、自ら”星野オジ様”と名乗っているわけですが、
もちろん本名ではないけれど、何となく申し訳ない気持ちになっている
今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

3月8日(金)、埼玉県公立高校入試の発表がありました。
一昔前はサイトでの合格者番号掲示などありませんでしたから、
マインズのゆかいな仲間たちに早起きしてもらい、
主要な学校で8:30頃から待機、受験生にまじって発表確認をしてもらっていました
1校で完結するわけはなく、ゆかいな仲間たちはグループに分かれ、
ある者は車で、ある者は自転車で、そしてある者は徒歩と電車で、
公立高校ツアーを組むわけです
今は13:00になればサイトですべての学校を確認できますから、
そのような確認作業もなくなり、教室にいながらにして全受験生の合否を確認できる。
便利になった一方で、何となく物寂しい感じを覚えている昨今です。

さて、毎年「全員合格」を目標に、後悔のないよう全力で指導しているつもりですが、
やはりこの夢を叶え続けることは難しい…
毎年、人気校を熱望する受験生がいますからね。
倍率を見て、安全校に誘導するというという方法もありますが、それはあまり好ましくない…
何度も意思確認を行い、その子の決意が固ければ、
その夢を一緒に追いかけるのが私共の使命だと思います。

掲示板に番号がないという経験は誰だってしたくない。
この仕事をしていて、一番味わいたくない瞬間です。
でも、私共は悲しみに沈んでばかりはいられない。だって、一番つらいのは当の本人ですから…
しばらくはひとりになった時に、ふと悲しみや悔しさがこみ上げてくるでしょう。
それでいい。
星野オジ様も、小学校4年生の終わりに松原学院の中学受験コースに入会し、
既に形成されていたクラスの雰囲気になじめず、(というより、バカにされたりいじめられたりして)
半年持たずに登塾拒否。(行ってきますと行ったまま友達のに直行してました)
中学受験から逃亡、高校受験も大学受験も第一志望には合格していないので、
その挫折感というか、モンモンとした思いは嫌というほど経験していますから…
でも、言っておきます。ありきたりかもしれませんが…
高校受験なんて、所詮人生の通過点に過ぎません。
大切なのは、
これからの高校生活をいかによく過ごすか。
自分の人生設計にふさわしい大学・指導教員に巡り会えるか。
社会に出て、自分の力で生き抜いていくことができるか。
ということ。
高校も、大学も、どこでもいい。”今自分がいるところ”で輝いてください。
いや、輝く努力をしてくださいm(_ _)m

偉そうなこと言ってますけどね、
星野オジ様、高校じゃ勉強もせずバレーボールしかしてません
大学の指導教員からは「入試で英語の点だけすごかったのになんで史学科?」と言われるわ、
大学院の先輩方からは「日本史やりたいのに、なんでウチ来たの?」と言われるわ、
大学非常勤講師していても「(東大に)オーバードクター増殖中、このまま残るのは難しいねぇ」とか言われるわ、
一教室長としてゆかいな仲間の一員だったのに、ある日突然”星野オジ様”になってしまうわ、
さんざんな感じで過ごしてまいりました。

でも、今でも”輝く努力”は続けているつもりです。

人間万事塞翁が馬。
どんな経験でも、それがあなた方の人生を彩る材料になっているのだと私は信じております。