RSS
Admin
Archives

マインズ通信

プロフィール

マインズ代表

Author:マインズ代表
星野重治[Hoshino Shigeharu]
□株式会社ベストコーチ教育代表取締役
□NPOゆめネット理事
□NPO学習塾全国連合協議会東日本常任理事
□同協議会事業局長
□日本古文書学会会員
□上智大学史学会会員
□総合学習塾マインズ講師歴27年
□元上智大学文学部史学科非常勤講師

最新記事リスト
月別アーカイブ
ブログ更新カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
マインズのゆかいな仲間たち
マインズ物語訪問者数
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
mains_hoshinoをフォローお願いします
2015.07
04
Category : 未分類
幼稚園で娘が(実際は先生が)書いたと思われる短冊に、
「アンパンマンと遊びたい」という願い事だけが書かれているのを見て、
真夜中にひとりテンションを下げている今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

水曜日、埼玉教育ネットの野口先生にお呼ばれして、
駒込高校の河合校長「ここだけの話」会に参加して参りました

「ここだけの話」というタイトルですから、ここで詳細を述べるわけには参りませんが、
教育行政に関するお話や駒込の方向性、私学と塾の関係に関するご提言など、
タメになるお話ばかりで、大いに感銘を受けて帰って来ました

学習塾戦国時代にあって、
各塾とも生き残りをかけた戦いの日々を過ごしているわけでありますが、
河合校長のお話を聞いて、生きるヒントと勇気をいただいた気がします

まだまだ偉大な先人たちや現代の成功者たちの足下にも及びませんが、
常に「マインズらしさとは何か」を追求しながら、
生徒・保護者のために何ができるかを考えていきたいと強く思いました

21世紀、教職の道を歩む人は、まず、コミュニケーション能力を徹底的に高めなければならない。
情報感覚を鋭く豊かに育まなければならない。
高度な教育サービス能力と、アカウンタビリティー能力、
さらには、文化・知識の伝達者としての高い精神性が求められる。
マニュアル型の教師ではなく、独創的な構想力と智の編集能力を持って、
生徒の世界を歩むことができる教師が求められている。
化石化した過去からの漂流者ではなく、
時代対応の生きる力を常に豊かに創造できる智の編集者である。

駒込高校「企画広報室レポート」からの引用です

私たち塾の人間もこうあるべきですよね


Comment

非公開コメント