RSS
Admin
Archives

マインズ通信

プロフィール

マインズ代表

Author:マインズ代表
星野重治[Hoshino Shigeharu]
□株式会社ベストコーチ教育代表取締役
□NPOゆめネット理事
□NPO学習塾全国連合協議会東日本常任理事
□同協議会事業局長
□日本古文書学会会員
□上智大学史学会会員
□総合学習塾マインズ講師歴27年
□元上智大学文学部史学科非常勤講師

最新記事リスト
月別アーカイブ
ブログ更新カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
マインズのゆかいな仲間たち
マインズ物語訪問者数
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
mains_hoshinoをフォローお願いします
2017.07
07
Category : 未分類
「学習塾講師のブラックな実態」なる記事を読み、
「子供や親とのジェネレーションギャップが原因で51歳で雇い止め」とあるのを見れば、
星野オジ様の塾講師人生も残り数年じゃん
心に暗雲たちこめる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

以前にも申し上げましたが、塾は星の数ほどあるわけで、
大学病院・総合病院のような大手学習塾もあれば、
クリニックのような中小地元塾もあり、町医者のような個人塾もある…
「授業料高いくせに低賃金」とか「生徒募集は講師の仕事?」とか、
「実際の勤務時間で時給換算すると500円」なんて、
そういった不満をもつ方というのは、きっと大手の現場スタッフなのでしょうね

マインズもかつては松原学院という地域の最大手学習塾でしたが、
現在は星野オジ様率いる小さな地元塾
規模は小さいけれど、夢と情熱は大きい職人の集団です
職人というのはほかでもありません。
集団授業から個別指導へという潮流の中で、
かつてたくさんいた特定科目専門講師の時代は終わり、
(と言っても、高校生指導においてはまだまだ専門家は必要です)
全科目を子どもたちにわかりやすく教える人材が必要とされています。
で、先日も申し上げたように、「教える」だけでなく「育む」ことも重要
星野オジ様のゆかいな仲間たちは、そういう私の期待に応えてくれる自慢の集団なのですよ
彼らがいなかったら、とっくに逃避行してますから

誤解を恐れずに言えば…
少子化で減り続ける子どもたちを社会全体でひとりひとり大切に育てていかねばなりません。
「教える」だけでいいと思ってる人は塾講師やっちゃダメですよ
さらに誤解を恐れずに言えば…
生徒募集も、受験に関する情報収集も、授業の準備も、校舎の環境整備も、
そこに通う子どもたちが”幸せ”になるためには必要不可欠なお仕事です
まあ、一部それを「サービス残業当然」と考えるブラックなところがあるのも事実ですが、
「子どもたちのために」という思いのみで、日夜お仕事されている根っからの”塾人”が
私の周りにたくさんいることも事実です

そんな人たちと交流できている自分の境遇に乾杯


Comment

非公開コメント